耐久性試験結果

QUV促進耐候性試験

コーティング膜の特性表

<初期性能>
塗膜特性 ST-IR01 ST-IR21
施工方法 スポンジ処方 ローラー処方
外観 薄いグレー
密着性
鉛筆硬度 3H
耐薬品性
(5%硫酸)
耐薬品性
(トルエン、エタノール)
耐冷熱
繰返し性
外観に異常なし
可視光透過率 81.3% 82.3%
日射透過率 65.5% 65.7%
日射反射率 6.8% 6.4%
遮蔽係数 0.85 0.85
熟貫流率 5.9 5.9
促進耐候性試験
(QUV)
2000時間(20年相当)経過後も外観変化なし
(クラック発生なし)

ETV 環境省 環境技術実証事業
ETV(環境省・環境技術実証事業)とは
既に適用可能な段階にあり、有用と思われる先進的環境技術に対して、その環境保全効果等を客観的に評価できない(評価手法のJIS制定が行われていない)ために、その技術の普及が遅れることを防止する目的で、環境省が主体で行っている事業です。環境省が認定する第三者機関がその先進的環境技術の客観的評価を行なうことで、他社製品との比較等が容易に出来るようになり、消費者が安心してその技術の選定を行えることになります。

※スポンジまたはスプレー処方により窓ガラスに塗布する現場施工タイプ。新築建物はもちろん既存建物にも適用できます。

施工手順

概略工程

  • スポンジ処方の場合
    スポンジ処方の場合
  • スプレー処方の場合
    ローラー処方の場合
  1. Step1 マスキング処理
  2. Step2 塗布 ガラス表面の前処理
  3. Step3 透明遮熱ガラスコート
  4. Step4 マスキング除去

塗装仕様

工程 材料 標準使用量
(g/m²)
塗装回数 乾燥時間
(25℃)
使用機材
素地調整 ガラス表面のごみ、砂埃、油脂分等の付着物を、専用前処理材、専用スポンジ、ウェス等で除去し、乾燥した清浄な面とする。
透明遮熱ガラスコート 〈スポンジ処方の場合〉
ST-IR01(SN-K101)
20〜25 1 2 時間以上 専用スポンジ及び専用フレームを使用
〈ローラー処方の場合〉
ST-IR21(SN-K121)
30〜40 1 2 時間以上  

※ 上記の各数値は、すべて標準のものです。被塗物の形状、素地の状態、気象条件、施工条件によりそれぞれ多少の幅を生じることがあります。

※ 透明遮熱ガラスコート塗装時は気温が5℃以下、湿度70% 以上の場合は施工を避けてください。

※ ガラス塗装面側に加工が施されている場合(熱線反射加工、熱線吸収加工、撥水加工、フィルム等)には、コーティングが出来ません。
 また、サッシの形状、クレセントの取付仕様によっては、その周辺部位に塗布できない場合があります。事前にご相談ください。

注意事項・施工後の日常メンテナンス方法について

施工後のご注意

  • 透明遮熱ガラスコートの塗膜は、施工後60分~2時間程度で表面は乾燥し、ガラスに触ることができるようになりますが、完全硬化するまでには10日~2週間程度かかります。その期間中は清掃しないでください。

日常生活におけるご注意

  • 透明遮熱ガラスコートの塗膜は、実用上問題のない強度を有していますが、石や砂、金属等で引っ掻いたりすると塗膜にキズが付く可能性がありますのでご注意ください。
  • 透明遮熱ガラスコートの塗膜は、赤外線を吸収する性質があり、塗膜が若干熱くなる場合があります。その為、シール・ステッカー、ポスター等の掲示物を貼った場合、接着部分が取れにくくなる可能性があります。
  • アルコール等の有機溶剤の使用は避けてください。コーティング膜が剥がれる恐れがあります。

施工面の清掃方法について

  • 透明遮熱ガラスコート面の清掃については、清水を含ませた柔らかい布で軽く水拭きしてください。(乾拭きはしないでください。)
    • 汚れがひどい場合には、中性洗剤を使用してください。(強酸性・強アルカリ性の洗剤の使用は避けてください。)
    • 石や砂、金属粉等が付着している場合は、事前に十分な清水を含ませた柔らかい布で拭き取ってから清掃してください。
    • 窓ガラス専用のゴムスキージを使用するときは、スキージの金属部分がガラスに接触しないように注意してください。
    • ブラシ、研磨剤、研磨剤入りのスポンジ、砂ほこりなどで汚れている布を使用することは塗膜を傷つける原因となりますので使用は避けてください

▲ このページの先頭へ

© ISHIHARA SANGYO KAISHA,LTD.All rights reserved.