コンプライアンス

ホーム  >  コンプライアンス  >  行動規範  >  ISKグループ行動規範

行動規範

ISKグループ行動規範

【法令遵守】

  1. 全ての企業活動の場において、法令等を遵守し、社会倫理に適合した良識ある活動を行います。

    (具体例)

    • (1) インサイダー取引およびその疑いを持たれるような株式売買はしません。
    • (2) 独占禁止法を遵守し、公正、透明、自由な企業間競争を行います。
    • (3) 下請法を遵守し誠実さを持ち、取引先とビジネスを行います。

【グローバル】

  1. 各国各地域の文化・慣習の尊重と適用される関係法令などに従い、公明正大に行動します。
  2. 人種、宗教、性別、年齢、国籍、出生地、障がいなどによる差別を致しません。
  3. 輸出や輸入が禁じられている物品の取引はしません。

【価値創造】

  1. イノベーション(革新と価値創造)で新しい商品・サービスを創り出し、社会の持続的発展に貢献します。
  2. 自社および他社の知的財産の重要性を理解し、尊重します。
  3. 会社の経営資源(ヒト・モノ・カネ)を効率よく活用し、会社の設備や備品を大切にします。
  4. 高品質の製品を開発、提供することにより、最高の顧客満足度を目指し、顧客の価値創造に貢献します。
  5. 商品・サービスに関する正確な情報を表示します。

【社会貢献】

  1. 企業市民として、地域社会に協力し、調和を図ります。
  2. 企業活動の透明性を保つため、環境・安全衛生に係る活動状況について社会とのコミュニケーションを推進します。

【安全管理】

  1. 従業員、地域住民の安全・安心・健康維持を確保するため、安全衛生・保安防災法令を遵守し、事故・災害の防止および快適な職場環境づくりを推進します。
  2. 労働災害、物流事故ゼロに向けた、不断の取組みを続けます。
  3. 災害時などの非常事態にも、事業の継続ができるよう、体制を整えます。

【人権の尊重】

  1. ダイバーシティ(個人の多様な価値観・個人の多様性・女性の活躍促進)を尊重、活用し、ビジネスの発展につなげます。
  2. 個人情報を適切に管理し、目的外の利用はしません。
  3. セクハラ、パワハラ、マタハラなどのハラスメント行為を許さない企業風土を作ります。

【経営の透明性】

  1. 適正な財務報告を継続するために、不断のモニタリングを行います。
  2. 適時、的確にステークホルダーへの情報開示を行います。

【企業倫理】

  1. 業務上の秘密を守り、社内情報を漏洩させません。
  2. 購買先や販売先と不公正な取引は行いません。
  3. 過度な接待や贈答をしたり、受けたりしません。
  4. 公務員とは、透明度のある適正な関係維持を図ります。
  5. 取引先や関係者に、わいろや不当なリベートを渡さず、受け取りません。
  6. 反社会的勢力と一切のかかわりを持たないことを基本とし、不当な要求等には妥協せず、毅然とした態度で対処します。

【環境保全】

  1. 環境管理は、規制値より厳しい自主管理基準値を設定し、それを遵守します。
  2. 化学物質管理を組織的体系的に行い、公共・地域社会の安全、環境の保全を図ります。
  3. 限りある資源の有効利用に資するため、省資源・省エネルギーへの取組を推進します。

【職場環境】

  1. 自分を支えてくれている仲間に感謝し、チームワークを大切にします。
  2. 報告、連絡、相談を徹底し、自由闊達な職場をつくります。
  3. 自分の部署のためではなく石原産業グループ全体への貢献を考え、行動します。
  4. ワークライフバランスを重視し、心身とも健康であり、公私とも豊かな人生の実現を目指します。
  5. 未来を担う人材を育成するため、情熱を持って後進を指導します。