GenomONE-CF (HVJ-E細胞融合キット)

ユーザーの先生方から寄せられた声

製品に同封しております「使用後アンケート」 にご記入いただいた内容をまとめました。 

     回答者数:45名

 

GenomONE-CF を使用した感想

  

お客様から寄せられた感想のまとめ   

<ハイブリドーマの取得効率> 
  PEG法の方が優るというお声もありましたが、多くのユーザー様からは、PEGに比べてGenomONE-CFの方が取得効率が高かったとのご意見をいただきました。  今回のアンケートにおいても、商品性能に関しては、 「期待外れ」が7%に対して、「期待以上」が40%という結果となっています。 
<操作性>   
  お客様の声  『PEG法では、実験者の熟練度によって得られるハイブリドーマ数が大きく変動する。貴重な抗原の場合、その調製や免疫操作に多くの時間を費やすので、融合操作を他の実験者に任すことが出来ないケースもあった。 しかし、GenomONE-CFは操作が簡単で実験者間の差が少なく、初心者でも簡単に融合実験が出来るので、仕事を分担するなどの効率化を図れる点で便利』  今回のアンケート集計結果においても、84%の方が「操作が簡単」と回答されています。 
<価格>   
  一部のユーザー様からルーチンで使用したいが価格面で折り合わず残念であるとのお声をいただきました。確かに自家調製のPEGを使用される場合に比べると1回当たりのコストは割高になってしまいます。  しかし、今回のアンケートでは、「価格が高い」が20%に対して、「普通」が78%という結果となっており、操作性・再現性やハイブリドーマの取得効率などを総合的に判断すると、割高感を超えた性能面のメリットをご評価いただけているものと考えております。

 

技術資料はこちらから
ご注文はこちらから

 

       Copyright  (C)  2009-2013  ISHIHARA SANGYO KAISHA, LTD. All Rights Reserved