GenomONE-Neo HVJ-E transfectionキット)の実験操作法と応用例に関する弊社の論文が
Current Protocols in Immunology誌」に掲載されました。

Kondo Y. et al.
Use of the Hemagglutinating Virus of Japan (HVJ) Envelope as a Versatile Delivery System for Nucleic Acids and Proteins to Leukocytes In  Vitro.
Curr. Protoc. Immunol.,
Supplement 89, April 2010: 10, Unit 10.17D, 1-9.
PubMed ID: 20376840

 HVJ-E transfectionキットは膜融合を介して目的分子を細胞質に直接導入する点で、エンドサトーシスを介するカチオン性脂質ベースの試薬とは導入メカニズムが全く異なり、導入効率が高く、細胞質での分解が少ないことが特長となっています。 
特に、一般に導入が難しいとされる血球系(浮遊)細胞へのsiRNAやタンパク質導入において汎用される脂質ベースの試薬よりも優れた導入効率を示します。
論文では、弊社中央研究所の技術者が、実際の実験手順およびその応用例(Jurkat、K562への導入事例)について解説しています。

     GenomONE-Neo の技術情報について
           http://www.iskweb.co.jp/hvj-e/transfection/top/index.html

        GenomONE-Neo のご注文について
          
http://www.iskweb.co.jp/hvj-e/order/order.html

 

       Copyright  (C)  2010-2013 ISHIHARA SANGYO KAISHA, LTD. All Rights Reserved