HVJ Envelope VECTOR KIT "GenomONETM" シリーズは、用途や特性に応じたラインアップを取り揃えています。

(*)
各製品とも、用途はいずれも研究用に限ります。ヒトや動物への医療・臨床目的、および生体外診断の目的にはご使用になれません。

<適用>

1.標識オリゴヌクレオチド・タンパク質の導入

GenomONE、GenomONE-Neoのいずれも以下の細胞で50〜100%の導入を確認しています。

HEK293、BHK21、LLC-MK2、COS-7、NIH3T3、A7r5、SAS、A549、HeLa S3、Colon-26、B16-F1、RAW264.7、PC-12、Astrocyte、FM3A、HAEC、HUVEC、AOSMC、SkMC、NHBE、hMSC、K562、HL-60、U937、Jurkat


2.GFP遺伝子の導入・発現(抜粋)

  初代培養細胞 培養細胞株
  HAEC HUVEC AOSMC SkMC HEK293 BHK21 HeLa S3 PC-12
GenomONE
GenomONE-Neo △(*) △(*)
○:使用に適しています(導入発現効率30%以上)
△:使用できますが、一部毒性などが見られる場合があります
(*):強い細胞間融合が見られる場合があります
血球系細胞では、導入発現効率は〜20%

Copyright 2003-2013 ISHIHARA SANGYO KAISHA, All Rights Reserved.