IR情報 証券コード:4028

ホーム  >  IR情報  >  中期経営計画

中期経営計画

第6次中期経営計画
〜強いケミカル・カンパニーに向けた変革と実行〜

当社グループは、創立100周年の2020年に向けて Challenge For 2020 をスローガンに、“強くて、信頼されるケミカル・カンパニーとしてのブランド力のある会社”を目指しています。

創立100周年(2020年)に向け目指す企業グループ像(あるべき姿)

“強くて、信頼されるケミカル・カンパニーとしてのブランド力のある会社”
「強いケミカル・カンパニー」
  • 自社技術によりグロ−バル競争力ある事業を展開
  • 技術革新に支えられた持続的成長と安定的収益を実現する、高付加価値・高収益事業を展開
「信頼されるケミカル・カンパニー」
  • 良き企業市民として環境活動や社会貢献活動を行い、地域住民との対話、ステ−クホルダーへの価値増大を重視する、従業員が誇りを持てる会社

本中計の基本方針

無機化学・有機化学の両事業ともに「既存事業の強化」「成長基盤の強化」を骨子とした施策に取り組み、速やかに業績を安定させ利益ある成長軌道に乗せることを最大の目標とします。

経営数値目標(連結ベース)

金額:億円

  2015年度計画 2016年度計画 2017年度計画
売上高 1,100 1,150 1,190
営業利益(営業利益率) 82 (7%) 94 (8%) 111 (9%)
経常利益 61 80 100
親会社株主に帰属する当期純利益 52 70 80
ROE(自己資本当期利益率) 9% 11% 11%
為替レート(期中平均) 115円/US$、130円/Eur

事業戦略

(1) 無機化学事業
事業ビジョン

“タイペーク(TIPAQUE)等ブランドを支える技術力を進化させ、付加価値の高い製品をマーケットに供給することにより、豊かな社会の実現に貢献する”

本中計期間の事業方針

安定的かつ持続的な発展が可能な事業への再構築

取り組み

酸化チタン

“強み”を活かした既存事業の強化

  • 国内トップシェアと技術力の強みを活かした付加価値化による競争力確保
  • 環境関連製品の販売強化とビジネス機会の掘り起こし
  • コスト競争力向上に向けた生産技術の開発

機能材料

“高度な技術力”を活かした既存事業の強化

  • “高度な微粒子化技術”と“豊富な製品ライン”を強みに機能材料製品の販売拡大

新規商材の早期戦力化と将来に向けた新技術の仕込み

(2) 有機化学事業/農薬事業
事業ビジョン

“安全性に優れ、効果の高い農薬を継続的に開発・供給、世界の食糧需要増と環境に貢献する”

本中計期間の事業方針

R&D型事業として持続可能な事業規模と収益力の実現

取り組み

農薬

安定した利益と収益性の向上

  • 既存剤や主力市場の販売拠点などを最大限に活用し、収益力を強化

売上の成長

  • 新規剤の確実な上市と成長市場での販売拡大

ライフサイエンス分野

事業領域拡大への挑戦

  • バイオ医薬品、医療機器他の研究開発の加速

図:強いケミカル・カンパニーに向けた変革と実行