環境専門委員会について

HOME > 環境専門委員会について > 委員長挨拶

委員長挨拶

地域住民の方々の健康を守り、 工場敷地内外の汚染を修復する対策を実施します。

環境専門委員会委員長 大東憲二

環境専門委員会会長 田中泰輔(写真)


本委員会は、石原産業株式会社 四日市工場の土壌・地下水汚染の調査・修復に関して、同社に指導と助言を行うことを目的として、2008年7月18日に設置されました。

今般の土壌・地下水汚染問題に関しては、以下の方針を確認しています。

  1. 工場敷地内の汚染概況と汚染源を特定するための調査を行う。
  2. 地下水流動状況と同時に、工場敷地外への汚染拡大状況を調査し、工場敷地外への汚染拡大を防ぐ対策を実施する。
  3. 工場敷地内の詳細調査を行い、汚染地点ごとに対策を立てる。
  4. 工場敷地内の対策においては、従業員、入場者の健康リスク低減を最優先する。

今日では、操業中の工場や工場跡地等で土壌・地下水汚染が見つかった場合、企業は土壌・地下水汚染に関する情報を公開して対応していくことが大切です。 地域住民の方々は、化学物質が自分達の健康に与える影響に対して、常に懸念を持っておられますので、分かりやすい説明が大事です。 本委員会では、土壌・地下水汚染の調査・修復に関する指導とともに、情報公開の方法についても助言をしていきます。

このページのトップへ