MENU

製品情報

医薬等

IgG抗体導入試薬
GenomONE-CAb

HVJ Envelope(HVJ-E)ベクターを用いてIgG抗体を細胞内に効率良く導入し細胞内タンパク質の機能を解析するのに適したツールです

製品概要

はじめに

抗体は細胞内には進入できないため、抗体を用いる実験は主として細胞外の分子が対象となってきました。
しかし、生きた細胞の中の標的分子に抗体を作用させることが出来れば、細胞機能の解析や、診断・治療のターゲット分子探索などの分野で新しい研究の展開が可能となります。

GenomONE-CAb Antibody Delivery Reagentは、そうしたニーズに応える次世代の細胞内抗体導入ツールです。不活化センダイウイルス(HVJ)の膜融合能を利用したtransfectionツールであるHVJ Envelope(HVJ-E)の中に抗体を封入し、細胞に処理することで、細胞質に効率良くIgG抗体を導入することが出来ます。エンドサイトーシスによって抗体を導入する脂質ベースの試薬では難しかった全く新しい実験の方法論を提供します。

導入原理

本システムは、弊社が独自に開発したIgG抗体封入エンハンサーの働きにより、2002年より販売しているHVJ-Eベクター(GenomONEGenomONE-Neo)に比べて、HVJ-EへのIgG分子の封入効率が格段に向上しています。これに伴い、IgG分子を細胞質に高効率で導入することが可能となりました。

本製品のご使用にあたって

  • IgG抗体の導入に適した試薬です。
  • 抗体溶液にグリセロールが含まれる場合、20(v/v)%以下の濃度でご使用ください。
  • 蛍光標識2次抗体を用いて染色する場合、必ずF(ab')2 Fragmentを使用してください。
  • 蛍光標識抗体を導入する場合、抗体によって条件の最適化が必要です。(詳細は、取扱説明書をご覧下さい)

GenomONE-CAb に関する弊社の発表論文:Y. Kondo et al. J. Immunol. Methods, 332, 10-17(2008).

製品仕様

製品
コード
凍結乾燥
HVJ-E
(0.26mL相当)
試薬Ⅰ
(0.26mL相当)
試薬Ⅱ
(0.3mL/本)
試薬Ⅲ
(1 mL/本)
緩衝液
(6.5mL/本)
税抜価格 税込価格
(消費税 8%)
AB001 ¥21,000 ¥22,680
AB004 ¥65,000 ¥70,200

医薬等に関するお問い合わせ先