MENU

製品情報

医薬等

GenomONE™ Series Q&A

製品に関してよくある質問をまとめました。

使用環境の制限はありますか?
キット内のHVJ EnvelopeはウイルスのゲノムRNAを完全に不活化したもので、増殖性や感染性のない非ウイルス性です。通常の化学試薬と同等のものとして、一般的な実験室(P1レベル)でご使用いただいて問題ありません。
HVJ不活化の方法は?
ワクチン製造で使われる化学処理を用いて不活化処理を行っています。この方法は米国のFDAも認可している方法で、その安全性は保証されています。
組換えDNA実験指針への対応は?
HVJ Envelopeは遺伝子組替えによるものではありませんので、これ自体が組替えDNA実験指針に従う必要があるものではありません。お使いのDNAや実験内容で対応が変わってきます。
HVJ Envelopeだけ購入したいのですが
キット試薬としての販売のみですので、HVJ Envelope だけのバラ売りは行っておりません。悪しからずご了承ください。
どのくらいの大きさのものまでHVJ Envelopeに封入できますか?
これまでの検討結果では、プラスミドDNAで10~15kbp程度のものが封入可能なことが示されています。分子のサイズが小さいほどHVJ Envelopeへの封入効率は高まりますので、傾向としてはアンチセンスオリゴやsiRNA、タンパク質などの低分子のものの方が遺伝子よりも高い効率で封入できます。
動物に投与する場合の注意点はありますか?
試薬Cを入れると、様々な生体成分にHVJ Envelopeがトラップされやすくなるため、血中を循環させる系の場合は試薬Cを入れないことをお勧めいたします。逆に、一部の局所で留めたい場合は、試薬Cを入れることで他の部位に流れ出ないように調整することも可能です。
具体的な投与方法については目的の実験系により多岐に考えられますので、個別にご検討いただくか、弊社担当までご相談ください。

医薬等に関するお問い合わせ先