MENU

製品情報

医薬等

遺伝子・タンパク質導入試薬

HVJ Envelope VECTOR KIT 製品紹介

HVJ Envelope VECTORは、不活化したセンダイウイルス(HVJ)の膜エンベロープに遺伝子やタンパク質、siRNA/miRNAなどを封入し、細胞膜融合能を利用して細胞や動物組織に導入する非ウイルス性のトランスフェクションツールです。HVJ Envelope VECTOR KIT "GenomONETM" シリーズは、用途や特性に応じたラインアップを取り揃えています。

GenomONE-Neoはより強力な融合能を持つHVJ-Eが付属されています。
GenomONE-DuoはGenomONEとGenomONE-Neoの2種類のHVJ-Eが付属されています。
GenomONE-Neo (FD)はGenomONE-Neoの新しい仕様でFreeze-dried HVJ-Eが付属されています。適用及び構成試薬はGenomONE-Neoと同じです。

(*)各製品とも、用途はいずれも研究用に限ります。ヒトや動物への医療・臨床目的、および生体外診断の目的にはご使用になれません。

in vivo における適用事例

Title Target cell/Tissues Introduced molecule
Rat lumbar dorsal horn siRNA
Rat submandibular gland
Tumor cells s.c. transplanted in mouse

「ラット髄腔内へのsiRNA導入」より抜粋

免疫組織染色(脊髄後角)

GenomONE-Neo を用いてNK1R siRNAを髄腔内に留置したカテーテルを介して脊髄へ投与した。投与1日~7日後までNK1Rの発現の抑制を示した。

【データ提供】
東北医科薬科大学 医学部 解剖学教室 中山(直野)留美 先生
宮崎大学 医学部 臨床神経科学講座 精神医学分野 西森 利數 先生
【参考文献】
Eur. J. Pharmacol., 670, 448-457 (2011).

in vitro における適用事例

Title Target cell/Tissues Introduced molecule
Mouse peritoneal resident macrophage SOD(protein)
U937 siRNA

Cre recombinase (タンパク質)の細胞内導入

ゲノムにPCAG-loxP-Neo-loxP-LacZ発現カセットが組み込まれた2-2細胞(monkey, African green, RIKEN BioResource Center)にGenomONE-Neo を用いてCre recombinase(タンパク質)を導入した。Cre recombinaseによってゲノムに組み込まれたネオマイシン耐性遺伝子が切り出された細胞ではLacZ遺伝子が発現し、X-gal染色で青色に染色された。

Application list

Target Cell/Tissues Introduced Molecule
A549 insulin
BSA
A7r5 pEGFP
ODN
BSA
Aorta smooth muscle cell pEGFP
B16-F1 pEGFP
BHK21 pEGFP
insulin
BSA
C2C12 siRNA
Colon-26 pEGFP
ODN
BSA
FM3A pEGFP
insulin
BSA
Human aorta endotherial cell pEGFP
HEK293 pEGFP
HeLa S3 pEGFP
siRNA
HL-60 Rabbit IgG
HuVEC pEGFP
Jurkat siRNA
K-562 pEGFP
BSA
MIN-6 siRNA
NIH3T3 β-gal(enzyme)
PC-12 pEGFP
BSA
Rat primary cardiac cell siRNA
RAW264.7 ODN
BSA
SAS pEGFP
U937 ODN

医薬等に関するお問い合わせ先