製品情報

有機中間体(医薬品原料)

医薬品原料としてのCF3ピリジン

活性と機能を高めるCF3ピリジン

CF3ピリジンの展開

  1. 1. CF3ピリジンの修飾

    当社は、1980年代前半から「CF3ピリジンに基づく医薬と農薬の研究開発」に取り組んできました。それ故、アルキル化、環化、アリール化、アミノ化、ハロゲン化などの扱いやすい構造への変換や修飾方法に関して、この技術分野では自信を持ってお客様のニーズにお応えすることができます。

  2. 2. CF3ピリジン導入医薬品

    CF3ピリジンの部分構造を持つ、薬理活性のある化合物の研究はこれまで多数報告されています。また、抗ウイルス薬や抗悪性腫瘍薬としてすでに市販されている医薬品もあります。

有機中間体(医薬品原料)に関するお問い合わせ先