TOP
採用情報
ISKの事業 ISKのヒト ISKの採用
TOP > ISKのヒト > 技術系 > 井田 清信
ISKのヒト
photo 「ブレイクスルー実現に向け、試行錯誤の日々」井田 清信 研究開発(無機化学) 自然科学研究科物質生命工学専攻
photo
研究に求められるのは、スピードと効率

私がISKに就職したきっかけは「技術者として成長したい。」そんな思いからでした。研究を進めて行く上で研究環境が整っていることは当然必要なことです。でも、それ以上に人として成長できる環境であることが重要だと思います。ISKはなんとなく人を大切にしてくれそうな会社であると感じた為入社を決めましたが、今もそれは変わっていません。言われた事をこなすだけでは技術者としての成長は望めません。ISKには自主性を尊重する風土があるので、自分できちんと考えて必要であると思った実験は任せてもらえますし、自分次第でいくらでもやれる環境が用意されています。そういった意味で研究に懸けるモチベーションを高く保てています。
でも、一つだけ入社前のイメージと違っていた事はあります。それは大学の研究室と企業での研究とはまるでスピードが違うと言うこと。様々なテーマがある中で、ターゲットを絞って集中的に研究をしないと他者との競争には勝てません。やはりそういった意味で企業の研究はスピード・効率を重視するので、学生時代の研究スタイルとは違っています。

私の部署は新規材料の研究をしている部署なので手さぐり状態の研究も多いのですが、試行錯誤を繰り返しながら日々研究に励んでいます。部署内の同僚と勉強会をしたり、ディスカッションしながら意見を出し合うこともあり、これが結構ヒントになったりすることもありますね。
社会に貢献できる新素材の開発を目指す

現在、私は金属微粒子の開発に取り組んでいます。研究を始めた頃には私自身の知識も乏しく、また研究自体もゼロからのスタートだったため戸惑いもありましたが、現在はユーザーへのサンプルワークも始まっており、一日でも早くビジネス化に繋げられたらと思っています。

研究を進める中で、やはり嬉しかったのは自分が考えた新製法で粒子を合成できた事。ユーザーに評価してもらった際に、自分の作った材料がどういう所で使われるのか生の声も聞け、自分が携わる材料が世の中に出て行くという実感が沸きました。やはり技術者にとって、社会に広く貢献できる付加価値の高い製品を生み出すことが永遠のテーマです。幅広い視野を持ってどんどん世の中に新しい材料を提供できたらいいですね。新素材を開発するということは、ある意味自分が世の中を変えていけるという事。技術者にはそんな醍醐味があると思います。
学生へのメッセージ

これまでの私の研究も失敗、分析、改善の繰り返しでした。最近では本当の自分の強み・弱みというものも分かってきて、目的意識を持って研究に取り組むことが出来ています。やはり、人が成長するためには自己分析を繰り返して自分を高めていくことが必要だと思います。
みなさんもこれからの就職活動に向け自己分析をすることになると思いますが、決して無駄にはならないと思いますので、がんばってくださいね。

石原産業株式会社