TOP
採用情報
ISKの事業 ISKのヒト ISKの採用
TOP > ISKのヒト > 事務系 > 井上 和孝
ISKのヒト
photo 「いつか世界を相手に挑戦したい」 井上 和孝 国内営業(無機化学) 法学部法学科
photo
Time Schedule
社会の根幹を支える仕事にやりがい
「酸化チタン」は、普段馴染みの無い言葉ですが、私たちは酸化チタンに囲まれて生活していると言っても過言では無いほど、社会に欠かせない製品です。ですから営業をする上でも、あらゆる産業のお客様と関わりがあります。今後もハイテク分野を中心に次々と新用途が開発される中、お付き合いするお客様も、どんどん拡がりを見せています。そう言った環境で日々刺激を受け、勉強をしながら仕事に励んでいます。社会の根幹を支える仕事をしているんだと実感できるのが、私のやりがいとなっています。
酸化チタン営業の最前線を目指す
私は、四日市工場の物流部門、本社の酸化チタン原料購買部門を経て、現在酸化チタンの営業を担当しています。この間に私は、酸化チタンに関するさまざまな知識や、交渉力、コスト感覚を養ってきました。これらを活かして営業の最前線に出て、当社の製品を売り込みたいという思いを持っています。そんな想いで周囲を見渡すと、刺激を受ける先輩たちがたくさんいます。自分、会社、製品を売り込むタイプ、技術畑出身で提案型のタイプなど、それぞれの営業スタイルを知るにつれ、色々と勉強させられるとともに、良い意味での影響を受けています。「ISKの将来は自分たちが担う」という熱い想いを持った社員も多く、意気盛んな職場です。自分もいつか世界を相手に挑戦したい――。そのためにも語学力をもっと磨かねばと感じるこのごろです。
石原産業株式会社