TOP
採用情報
ISKの事業 ISKのヒト ISKの採用
TOP > ISKのヒト > 操業系 > 富田 裕昭
ISKのヒト
photo 「化学工学のノウハウをプラントスケールで実践」京極 啓介 生産部門(酸化チタン) 工学研究科ライフ・マテリアルデザイン専攻
photo
photo
ものづくりの可能性を求めて
私は学生時代に触媒の研究を行なっており、就職活動を始めた当初は化学メーカーの研究職を志望していましたが、企業研究を進める中で、化学工学を学んだ自分の強みを活かせる、化学プラントの生産技術職を目指すようになりました。また、塗料、インキ、光触媒、電子材料など様々な用途や可能性を秘める酸化チタンと言う材料が、化学を学んできた私にとって非常に魅力的だったことが、ISKへ入社する決め手となりました。
ものづくりの現場の日常
私は現在、酸化チタンを生産する部門に所属し、ものづくりの最前線で働いています。私の仕事を一言で表すと、プラントの操業管理や設備の増強・改善の検討、またそれらに関わる理論値計算などです。生産レートに応じて反応条件をシミュレートし、工程内の気体、液体の流速・圧力計算をするなど、化学工学の知識を活かして様々な改善案を検討しています。他にも原料の投入量や製品の反応率・回収サイクルの計算、不純物処理、添加物調整の指示など多岐に亘っています。
大学の研究では「実験→結果→検証」といった一連の流れを順を追ってじっくりと進められますが、実際のものづくりの現場ではそうは行きません。生産現場では小さなトラブルが日常茶飯事で、臨機応変な瞬時の対応が求められます。化学プラントでは連続反応の工程で処理が進んでいくので、立ち止まって考えている間にも生産は進んでいますし、1つの判断ミスが生産に大きく影響を与えます。
そんな時に生きるのが、これまで積み上げてきた知識や経験です。トラブルの解決には、上司や先輩、現場の方々のアドバイスに頼る面がまだまだ多いですが、自分のアイデアや行動でトラブルを解決できると、すごくうれしいしやりがいを感じます。小さなことかもしれませんが、こう言った経験を積むことにより、自分は成長しているんだと感じます。これからはもっとたくさんの知識を吸収し、今まで以上に経験を積んで、職場の方々から頼られる存在になりたいです。
失敗も糧にして、化学プラントのプロフェッショナルに
ISKは少数精鋭採用で、社員をじっくり育成しようという伝統があります。若手であっても、個人の裁量でチャレンジできることも私のやりがいにつながっています。
もちろんこれまでに様々な失敗もしました。例えば、原因は単純な伝達ミスだったのですが、結果的にPh調節用バルブの閉め忘れで排水のPhが異常に高くなってしまい最終的には事無きを得たものの再調整に手間取った経験があります。今までは当たり前だと思っていたコミュニケーションの大切さ、そして難しさを改めて思い知りました。
一方、今までで一番うれしかったことは、トラブルが多く発生していた設備について、様々な角度から検討を行なった結果、自分の提案が採用され、更に私がその設備の管理を任されるようになったことです。
将来的にはプラント全体を広く見渡せるような仕事がしたいと思っています。今後は「工場のことで分からない事があれば京極に聞け。」と言われるような化学プラントのプロフェッショナルを目指して頑張ります。
石原産業株式会社