石原産業について

ごあいさつ

化学技術でより良い生活環境の実現に貢献し続ける企業を目指します

代表取締役会長 田中 健一、代表取締役社長 髙橋 英雄

1920年、当社はマレー半島で鉱山開発の事業をスタートさせ、日本の鉄鋼業の発展に大きく貢献しました。戦後は酸化チタンを中心とした「無機化学事業」、農薬を中心とした「有機化学事業」を主力事業として、たゆみのない研究・開発の取り組みでイノベーションを生み出し、世界に新たな価値を届ける化学メーカーとして成長を遂げてまいりました。

当社は2020年に創立100周年を迎え、これを機に10年後のありたい姿を描き、長期ビジョン「Vision 2030」として「独創・加速・グローバル。化学の力で暮らしを変える。」を制定しました。このメッセージには、創業者石原廣一郎の時代から当社グループに伝わる「挑戦心」を奮い起こして自らを変え、新分野へ、世界へ打って出ようという気概と、化学を通じて人類、社会、生命、環境に十分貢献し、社会の期待に応えられる企業でありたいとの願いが込められています。

当社グループを取り巻く事業環境は、ますます変化のスピードを増しています。我々は進化を加速し柔軟な対応力を身に着け、当社の強みである技術開発力を活かして、化学の力で世界中により良い暮らしをお届けできる企業であり続けることを目指してまいります。

代表取締役会長 田中 健一、代表取締役社長 髙橋 英雄

代表取締役会長田中 健一
代表取締役社長髙橋 英雄