環境への取り組み

環境・安全衛生基本方針

当社は「社会」、「生命」、「環境」に貢献するとともに、株主、顧客・取引先、地域社会、従業員を大切にし、遵法精神を重んじた透明な経営を行うことを基本理念としています。

この基本理念を環境・安全衛生面で実践するにあたり、持続可能な社会を目指し、当社の存在意義である「化学技術でより良い生活環境の実現に貢献し続ける」ための基本方針を以下のとおり定めます。

1. 気候変動への取組み

  1. 気候変動へ対応するための目標を設定して取り組みを推進する。
  2. エネルギー使用量を削減し、温室効果ガス排出量の削減を推進する。
  3. 温室効果ガス削減のための新たな技術の導入を検討、推進する。

2. 環境負荷の低減

  1. 事業活動において、環境関連法令および合意された協定等を遵守する。
  2. 事業活動において公害防止に努めるとともに、産業廃棄物、汚染物質の排出削減を推進する。
  3. 省資源に努めるとともに再使用を含めた資源の有効利用を推進する。
  4. 製品ライフサイクルの全てで化学物質管理を推進する。
  5. 開発活動において、環境負荷の少ない製品の開発を目指すとともに、生物多様性の保全を推進する。

3. 労働安全衛生・保安防災

従業員、地域住民の安全・安心と健康を確保するため、安全衛生・保安防災関連法令を遵守し、事故・災害の防止に努めるとともに、快適な職場環境づくりを推進する。

4. 社会とのコミュニケーション

企業活動の透明性を保つため、環境・安全衛生に係る活動状況について社会とのコミュニケーションを推進する。