MENU

製品情報

機能材料

高純度酸化チタン CR-EL・PTシリーズ

エレクトロニクスの技術進歩は、非常に目覚しく、また携帯電話、パソコンを始めとする電子機器は益々私たちの身近な存在になってきています。これら電子機器は、私たちの身近な存在になればなる程、高機能・高精度・小型化が求められています。

当社では、これら電子機器に使用されるコンデンサ、フィルタ等のセラミック電子部品の材料として、純度の高い酸化チタンを用意しております。

主な用途
  • コンデンサ・圧電素子・サーミスタ等の電子セラミックスに使用される誘電体向け(チタン酸バリウム、チタン酸ジルコン鉛等)原料
  • 窒化チタンなどの構造材料として使用される非酸化物系セラミックス原料
  • 人工宝石、光通信用アクチュエーターに用いられるルチル単結晶用原料

高純度酸化チタン(CR-EL、PTシリーズ)の特徴

  • 純度、粒子径のバリエーションを取り揃えており、多様なニーズに対応できます。(バリエーション一覧はこちらへ
  • 顔料合成技術でシャープな粒度分布。
  • 次世代向けに新たに高純度化品・小粒径化品をラインナップしています(PT-301・PT-401M)。
  • 汎用用途には、PT-501A,PT-501Rが適しています。

表1. 酸化チタン純度及び粒子径サイズによる銘柄分類

  TiO2純度
99.99% 99.9% 99%
中粒子径タイプ PT-301 CR-EL PT-501R
小粒子径タイプ

PT-401M

PT-401L

  PT-501A
微小粒子径タイプ 開発中    

図1. 酸化チタン粒子径と熱収縮率の関係について(CR-EL、PT-301、PT-401)

図1. 酸化チタン粒子径と熱収縮率の関係について(CR-EL、PT-301、PT-401)

左の熱収縮データは、酸化チタン単体のものですが、高純度化、小粒径化によって収縮開始温度(焼結開始温度)が低温側にシフトしています。

このことから、小粒子径化、高純度化することにより、チタン酸バリウムなどの複合酸化物の合成反応においても、高い反応性が期待できます。

ページの先頭に戻る

バリエーション一覧

当社の高純度酸化チタンは、純度の高さ、品質の安定性に優れ、電子セラミックス用途を中心に広く用いられております。

表1. 粒子径と純度の品揃え一覧

粒子径 結晶型 TiO2純度
(%)
銘柄 電顕写真像
(TEM)
備考
中粒子径タイプ ルチル 99 PT-501R
(0.18µm)
写真:PT-501R

硫酸法酸化チタン(液相加水分解)

ディスクコンデンサーやPTCセラミックスなどの汎用用途に最適です。

99.9 CR-EL
(0.25µm)
写真:CR-EL

塩素法酸化チタン(気相酸化)

CR-ELはMLCC用途の誘電体材料として最も一般的にご利用頂いております。

PT-301はCR-ELと同等の粒子径で純度を4-ナインとしています。

99.99 PT-301
(0.25µm)
写真:PT-301
小粒子径タイプ アナタース 99 PT-501A
(0.1µm)
写真:PT-501A 硫酸法酸化チタン(液相加水分解)
ルチル 99.99 PT-401L
(0.13µm)
PT-401L

塩素法酸化チタン(気相酸化)

CR-ELよりもさらに小粒子径タイプでかつ分散性も良好な高純度酸化チタンです。

電子素子のダウンサイジングに伴う誘電体材料の小粒子径化に対応した銘柄です。

PT-401M
(0.07µm)
写真:PT-401M
極小粒子径タイプ アナタース 99.99 開発中 写真:開発中

液相特殊加水分解法(液相)

(左図は、ルチルタイプの比表面積40m2/gのものです。ルチルタイプには、この他に、60m2/g、190m2/gがあります。)

ルチル

ページの先頭に戻る

CR-EL

当社独自の塩素法酸化チタン製造技術によって製造された酸化チタンです。

粒子サイズは顔料用酸化チタンと同様の0.25μmと小さいですが、分散性及び他材と反応性に優れています。また品質特性が非常に安定しており、材料品質の要求が厳しい電子セラミックスへの応用に適しています。

写真:CR-EL

<基本物性(分析例)>

  CR-EL
TiO2(%)* 99.97
ルチル化率(%) 99.1
比表面積(m2/g) 6.8
平均粒径(µm) 0.25
不純物(%) Fe2O3 0.0031
Al2O3 0.006
SiO2 0.013
Nb2O5 0.000
Na2O 0.002
水分(%) 0.09
Ignition loss(%) 0.13

* TiO2(%)=(100-全不純物量(%))
但し、水分、Ig-loss、SO3、Cl、Cは除く。

ページの先頭に戻る

PT-301

PT-301は当社独自の塩素法酸化チタン製造技術によって製造された酸化チタンです。

従来品のCR-ELの粒子径をそのままに高純度化を達成しました。CR-EL同様に焼結性に優れていますが、特に高い材料純度が要求される電子セラミックスへの応用に適しています。

写真:PT-301

<基本物性(分析例)>

  PT-301 CR-EL
TiO2(%)* 99.99 99.97
ルチル化率(%) 90.1 99.1
比表面積(m2/g) 6.8 6.8
平均粒径(µm) 0.27 0.25
不純物(%) Fe2O3 0.0029 0.0031
Al2O3 0.000 0.006
SiO2 0.000 0.013
Nb2O5 0.000 0.000
Na2O 0.001 0.002
水分(%) 0.15 0.09
Ignition loss(%) 0.15 0.13

* TiO2(%)=(100-全不純物量(%))
但し、水分、Ig-loss、SO3、Cl、Cは除く。

ページの先頭に戻る

PT-401M

当社独自の塩素法酸化チタン製造技術によって製造された酸化チタンです。

一次粒子径をPT-301より更に小さくするとともに、高純度化を達成しています。

粒径を小さくすることで焼結性、反応性が高められており、ファイン化が求められている電子材料への応用に適しています。

写真:PT-401M

写真:PT-401M(拡大)拡大

<基本物性(分析例)>

  PT-401M CR-EL
TiO2(%)* 99.99 99.97
ルチル化率(%) 46.7 99.1
比表面積(m2/g) 20.5 6.8
平均粒径(µm) 0.07 0.25
不純物(%) Fe2O3 0.0026 0.0031
Al2O3 0.003 0.006
SiO2 0.000 0.013
Nb2O5 0.001 0.000
Na2O 0.001 0.002
水分(%) 0.41 0.09
Ignition loss(%) 0.65 0.13

* TiO2(%)=(100-全不純物量(%))
但し、水分、Ig-loss、SO3、Cl、Cは除く。

ページの先頭に戻る

PT-501A・PT-501R

PT-501は硫酸法酸化チタン製造技術によって製造された高純度酸化チタンです。一次粒子径の均一性に優れた高純度酸化チタンとなっており、各種コンデンサーなどの電子セラミックスを中心に幅広い用途に適しています。

アナタース結晶タイプのPT-501Aと、ルチル結晶タイプのPT-501Rの2銘柄をそろえており、お客様の用途に応じてご検討いただけます。

写真:PT-501A

写真:PT-501R

<基本物性(分析例)>

  PT-501A PT-501R
TiO2(%)* 99.74 99.74
結晶形ルチル化率(%) アナタース 92.4
比表面積(m2/g) 16.5 8.9
平均粒径(µm) 0.10 0.18
不純物(%) Fe2O3 0.0039 0.0039
Al2O3 0.009 0.002
SiO2 0.000 0.000
Nb2O5 0.14 0.14
Na2O 0.004 0.001
水分(%) 0.48 0.18
Ignition loss(%) 0.44 0.31

* TiO2(%)=(100-全不純物量(%))
但し、水分、Ig-loss、SO3、Cl、Cは除く。